バイク初心者は、まず中古を体験してから新車を買うべき理由は?

バイク初心者でとくに不注意が多いのは四輪の経験者です。

四輪と二輪では感覚がまったく違うので注意しましょう。

「まず中古から」という意味をお話しします。

■バイクとはどんな感覚かを身体で覚える。

「バイク初心者は、まず中古から」という理由は、中古に乗ってバイクの感覚をつかんだほうが良いということを指しています。

バイクそのものに慣れること、法規に慣れること、メンテナンスに慣れること、そして保険を含む維持費など、すべてに慣れる必要があります。

中古のバイクとはいえ、スズキやヤマハをはじめとする人気ブランド(シリーズ)のバイクであれば新車同様の新古品が安く買えます。

安く買ってホイールを取り替えてみたり、パーツの差し替えを行ってみたり、中古なら気兼ねなく行えます。

そんな人気ブランドのバイクが中古で買えるおすすめサイトはこちら⇒https://www.8190.jp/

そうしたことを一通り体験してから新車を買うのが賢い方法です。

■二輪と四輪では感覚がまったく異なる。

たとえば自動車に乗っていて法規には慣れている人でも、バイクとなると勝手が違います。

四輪に乗っていた人でよくあるのは、二輪なら四輪よりも簡単と高をくくって事故を起こすケースです。

たとえばコーナリングなど、角を右折・左折する感覚はまったく異なります。

また車道ではバイク同士の暗黙のルールもあります。

とにかく慣れることを最優先しましょう。

大きな事故は起こさないまでも、擦ったり倒したりしてキズをつけることは良くあります。

■バイク初心者は中古から乗って体験し、自動車を運転していた人でも、125CCクラスの小型か原付で慣らすのがベストです。

車を乗っていた人がいきなり中型のバイクに乗ったりすると、扱いがたいへんなだけ、事故に遭う確率が高くなります。

事故を起こしたら取り返しがつかない事態になりますから、少なくても小型どまりの中古に乗って、その後に新車を購入しましょう。