生産終了のバイクでもパーツはあるのでしょうか?

生産終了のバイクでも、中古市場では新車以上の人気を誇っているモデルがたくさんあります。

そうしたバイクのパーツが無くなることはありません。

理由をお話しします。

■パーツが世の中から無くならない理由。

主にバイク買取やプレミア専門の高価買取業者のテリトリーになりますが、年代物、プレミア感の強いバイクは中古でも人気が高いので、通常よりは高い値段で買い取ってくれます。

そうして仕入れたバイクは、買取業者の系列の整備専門会社に移され、そこで徹底的なメンテナンスが行われます。

メンテナンスといっても修理という枠を超越した作業です。

貴重な文化財の修復師のような手際で、その当時のパーツがなければ手作りしてこしらえる場合もあります。

■修復用パーツの解釈と代用品の違い。

中古バイクに使われている修復用のパーツは、代用品という意味合いとは少し違っています。

年代が古くなって市場に出せば高く売れると目利きされたバイクほど代用品は使いません。

1から手を入れるほど価値があがり、高い値段で売れるからです。

マニアのあいだでは、このような業者に何年も前からリストを渡しておき、もしも手元に目当てのバイクが入ったら連絡をもらえるように、「期限なしのオーダー」をしている愛好家もたくさんいます。

■生産終了になってしまったバイクでも、マニアが存在している限り、メンテナンスやチューンアップのためのパーツは必ずあります。

先にお話ししたような経緯から、生産終了になってしまったバイクでも、メンテナンスのためのパーツは必ずあります。

ただしプレミアがつくような人気車種に限られます。

通常のパーツは、法律で生産終了から一定期間が過ぎれば廃棄していい決まりになっています。

ストックの期間はメーカーによっても多少異なります。

簡単には廃棄されません。

Comments are closed.