バイクでも、メーカー希望小売価格と販売価格が異なるのはなぜ?

メーカー希望小売価格があるのに、それを値引いて売っているのがバイク販売店の実状です。

なぜこのような表示をしているのか考えてみましょう。

■メーカー希望小売価格は目安のようなもの。

メーカー希望小売価格とは、読んで字のごとく、メーカーが希望する小売価格のことです。

メーカーがバイクを作るのにかかった費用を計算して、一定の利益が出るような目安を示しています。

しかし実際にはその価格で店頭販売されることはなく、販売店の自由、市場での平均価格・相場などをベースに売られています。

もともとは「定価」という表示がされていましたが、定価とうたった場合には値引きや再販ができなくなるため、希望価格というような表示になりました。

■値引きの仕方にもいろいろある。

販売店にとってメーカー希望小売価格は、事実上の目安でしかありませんから、たとえば目当てのバイクが欲しい客が、店頭に出向いていって交渉すれば値引きしてくれる可能性はあります。

日頃から懇意にしているバイク販売店では、そのようなことが日常的に行われています。

また手元のバイクを下取りに出して、少し高めに買い取ってもらうなどすれば事実上の値引きになります。

オプションのパーツやメンテナンス用品などを付けて事実上の値引きをしてくれる店もあります。

■バイクでも人気のあるモデルは、メーカー希望小売価格とそれほど違わない価格で販売されています。

狙い目は人気のない車種やセール対象品です。

バイクを買うときに価格優先で買う客は少ないようですが、モデルにこだわりがないのであれば、人気のない車種やセールの対象になっているモデルに絞りましょう。

交渉によっては、さらなる値引きも期待できます。

もし希望価格で購入を決めたら、次は保険に加入することも大事ですね。

こちらは参考記事です>>「おとなのためのバイク保険(盗難補償付)」の対象車種を拡大 -日新火災|保険スクエアbang! 自動車保険

Comments are closed.