ヤマハやスズキのプレミアバイクはどうすれば手に入れられる?

プレミアが付くようなバイクは、バイク買取のようなプロの世界でも、“商売のネタ”として貴重品です。

簡単に放出してはくれません。

ならばどうすべきか、発掘のコツを考えてみましょう。

■中古バイク市場に出てこない隠されたバイク。

ヤマハやスズキのバイクには、たしかに幻の名車といわれるものが多くあります。

たとえば「BSA-SR」は知る人ぞ知るヤマハ発動機時代のロングセラー単気筒バイク。

スズキの「GSR250F」は250ccクラスとしては希有なエンジンを積んだ最高傑作ともうたわれたものでした。

しかしこのように愛好家たちから名車と呼ばれているものは、ほとんど手に入れることのできないもので、とくに名車揃いとされる1970年代・80年代のものは、砂漠で1本の針を見つけるよりむずかしいと言われています。

■ネットで検索して、自らもサイトを立ち上げる。

しかし本気で幻の名車を探しているのなら、まずネットなどで丹念に検索してみることです。

先に紹介したスズキの「GSR250F」などは意外にも見つかる確率が高く、競争率は高いものの、自らがオーナーとなることも夢ではありません。

さらに、自分で名車関連のバイクホームページを立ち上げれば、バイクマニアの人たちが遊びに来てくれます。

自然と情報交換ができるので、イメージしているより早く発見できる可能性があります。

■中古車のバイク買取会社などは、バイク探しの表玄関ではありますが、意外にも狭き門です。

自分がサイトを立ち上げるのがいちばんの方法です。

蛇の道は蛇という名言がありますが、究極のところ、バイクの名車を探しているのなら名車オタクに直接聞いてみるのが近道。

普通では聞けない情報をたくさん持ち寄ってくれます。

Comments are closed.