数量限定の新車のバイクは相場と比べて安いのか

数量限定のバイクは、限定だから安いのでしょうか。

必ずしもそうとは限りません。

慌てずに相場を割り出してから決めましょう。

その手順などをお話しします。

■数量限定が、“安い・トク”とは限らない。

バイクは数量限定だからトクだとか、そのほうが安いというわけではありません。

数量限定というのはあくまでも店側の仕入れの問題であり、“だから価格に反映されている”とは限りません。

仕入れ台数が5台しかなかったとすれば、“数量限定” になります。

表現にウソはありません。

もう少し限定の意味や価格を詳しく調べてみる必要があります。

単に言葉のマジックだったりする場合もあります。

■その地域と近接地域の価格を比較する。

バイク店は、だいたい地域をみて販売価格を決めていきますので、接する地域の数店と、離れた地域の数店を比較すれば、価格の相場が出てきます。

そのバイクの値段が安いか高いかは、相場と照らし合わせることで決まりますから、まずその作業を行なってみましょう。

慌てて購入する必要はありません。

■バイク店が自信をもって安いと言える場合は、そのような裏付け表現がどこかに書いてあるか、セールストークにも出てきます。

数量限定だからと慌てて購入を決める必要はありません。

先にお話ししたような要領で、地域ごとの相場価格を割り出し、それをもって判断しましょう。

バイクの価格は、ネットで調べていってもだいたいは割り出せます。

焦って店の戦略に乗せられては損をします。